忍者ブログ
いまだ方向性の見えない駄文系ブログ。 ある事無い事書き殴ります。
HOME ≫ Entry 「どてポキぐしゃ」 ≫ [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 普段何気なく使っている擬音語や擬態語。

 しかし、それらは先人の素晴らしい感性によって生み出されたものだ。

 大笑いする時に実際にゲラゲラと発音する奴は居ないし、ずかずかと上がり込むやグラグラと揺れるなどの言葉は、異人さんが聞いたら理解不能であろう。

▽つづきを読む

 巨人の星の作者は、落ち込んだときの心境を表す擬態語を考え出すのに随分と頭を悩ませたらしい。
 現在日本人が何気なく使う「ガーン」という表現は一人の人間が苦悩の末に生みだしたのだ。

 そのように、誰かが考え出して一気にスタンダードとして定着する例もあれば、独自の感性で特異な世界観を表現している人も居る。

 一般受けはしないんだろうが、そういう擬音・擬態語は一度はまるとその世界観から抜け出せなくなる中毒性がある。
 感覚的な言葉なので深い部分で共感しやすいのだろう。

 自分がはまったのは、松本零士に椎名誠・荒木飛呂彦、それに宮沢賢治だろうか…
 賢治は独自の表現が多いんだが、一般的にそういうイメージを聞かないのは何故だろう。

 今度8割が擬態・擬音語の日記でも書いてみるか。
 意味不明になる事必至だな…

PR
ボケの徴候らしいよ
言葉で表現しきれない部分を補うのが擬音・擬態語だと思うが、会話の中で多くなるのはボケの徴候らしいよ、あと代名詞ね。
言葉がとっさに思い出せないということのようだ。

ところでカウンターが700ちょうどだった、ついているようなそうでもないような…
【木偶】 URL 2006/11/08(Wed)17:37 編集
無題
素敵な擬音・擬態語は本当に数多いけど、ジャイアンの歌を「ボエ~」と表現した藤子不二雄はすごいと思ってる。どてポキぐしゃ、の次に頭に浮かんだのがコレ。
【ギリェルメ】 2006/11/08(Wed)17:37 編集
無題
>木偶
 ボケか~… 俺は昔から忘れっぽいから、考えたくない病気だなぁ
 あ~700ゲットおめでとう。 何も出ませんぞ。

>ギリ
 実はこのエントリを書くきっかけは、「ボエ~」ってすげぇ表現だなぁと思ったことだったりする。
 藤子不二雄侮り難しですな。
【仰月】 URL 2006/11/09(Thu)18:41 編集
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
●この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
最新CM
[05/31 仰月]
[05/29 ギリェルメ]
[05/19 仰月]
[05/17 ギリェルメ]
[05/12 仰月]
メールフォーム
最新TB
カウンター
アクセス解析
※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【仰月】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog
プロフィール
HN:
仰月
性別:
男性
自己紹介:
日本のてっぺんとそれを踏む俺の足。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索